結局ノーシンカーリグが一番釣れるって思ってるけど間違ってる?

結局ノーシンカーリグが一番釣れるって思ってるけど間違ってる?

初心者から上級者まで、フィネスな釣りの代名詞ともいえる「ノーシンカーリグ」。この記事では、ノーシンカーリグを使用するフィールドやタイミング、また、最適なタックル選択を含め、初心者バサーが気になるであろうノーシンカーリグの詳細を紹介しています。

ノーシンカーリグでも使用するフックスタイルや、各種ノットの説明は下記の過去記事からご覧いただけますので、合わせてご参考になさってみてください。

 

Advertisement

ノーシンカーリグとは?

その名のとおり、重り(シンカー)を付けない(ノー)リグのことです。

シンカーを付けないことによってナチュラルに水中を漂わせることができるため、警戒心の強いフィールドのバスにでも効果的なリグとなります。

ノーシンカーリグはどんな時に使うの?

様々な場面での選択肢に入るのがノーシンカーリグです。

フィールドがハイプレッシャーである時や、もちろんバスの活性がある時でも、他のリグでは釣れないけどノーシンカーリグでは釣れるという状況も多く、“フィネスな釣りテクニック”さが多少必要にはなりますが、周りのバサーが釣れていない状況でも自分だけが釣れている状況にハマるケースがあるリグです。

また、シンカーを使用しないことによって、ワームをフォールさせる速度を遅くできるため、フォール中のバスのバイトを誘発できるチャンスが増します。

アクションに強弱もつけやすく、弱っているさまや、反対にキビキビしたアクションでワームを演出させることも可能となります。

先に言ったように、フィールドがハイプレッシャーでバスの活性が低い場合などでも効果的な選択がノーシンカーリグとなるでしょう。

 

ノーシンカーリグのタックル

ノーシンカーリグの際の他タックル選びも重要なポイント。どういったタックルがノーシンカーに適しているのでしょうか。

フックタイプとラインは?

基本的に使用したいフックタイプはオフセット。根がかりも少なく、ウイードトップをトレースするときにも有効といえます。

ワッキースタイルで使用する際は主にワッキー用のマス針などを使用しますが、オフセットワッキーというリグもあります。

ラインはシンカーを使用しないので、太めのラインでは空気抵抗やスプールからラインが出るときの摩擦で飛距離が落ちやすいです。

そのため、ノーシンカーリグなどの軽いリグの場合、ラインは飛距離もでやすく繊細なアクションも可能なため、なるべくなら細いラインがよいとされています。

基本、2~4lbを使用しますが、カバーがあるようなエリアなどでは6~8lbを使う場合もあります。

ロッドとリールは?

ノーシンカーリグを使う際のロッドの選択はライトアクションのものがいいと思います。

ロッドの撓りはキャスト時にアングラーをヘルプするだけでなく、フッキング時に吸収を和らげてくれるからです。

硬めのロッドでは繊細なアタリを感じにくいこともあり、フッキングが少々難しくなりやすい傾向もあります。

リールはラインの細さやウエイト感からスピニングリールが基本となります。

ラインの太さやワームのウエイトによってベイトリールを使用するなど、フィールドや釣りかたによって臨機応変に対応しましょう。

ソフトルアーは?

ワームに関しては、いろんなタイプのアイテムを使用可能ですが、フィールドやバスターゲットで選択肢が変わるのが普通です。

ノーシンカーリグでのバイトが多いのはフォール中なので、そのフォールアクションに特化したワームを選ぶのが良いと思います。

 

ノーシンカーリグのアクション

ノーシンカーリグを使用した際のアクション解説です。

アクション面では、青木虫など水面に浮かせるタイプのソフトルアーでトップウォーターアクションも可能なルアーがありますが、基本のフォールをはじめ、フォール後のズル引き、またはトゥイッチなどが一般的です。

ポイントにもよりますが、わざと木などに引っ掛けてワームを水面チョンチョンとさせるチョウチンなんかも面白い釣りかたです。

特にその中でも、ノーシンカーリグではキャストから一切ワームを動かさないないという事がアクションである、フォーリングが基本アクションとなります。

投げた後にラインを緩めることなど、初心者バサーに丁寧に解説してくれている若き日の青木大介氏の動画がありましたので貼っておきます。本当に基本の「き」ですが、とっても大事で釣れるアクションです。

 

ノーシンカーリグの注意点

デメリット面ですが、フックとワームのみの重さとなるため、風のある日などはキャスタビリティーも必然的に下がり飛距離が出ないことです。

また、ノーシンカーリグはアタリが分かりづらいという面もあるので、初心者ではラインでアタリが取れるかが重要です。

アタリがとれないとフッキングが合わずに釣果にも影響が出るため、色付きのラインなどを使用してラインの動きをよく観察して、バイト後はどういう動きをするのかの感覚を養う事も重要となります。

実は管理人のエヌも、この「バスのバイト→アタリ!」という感覚がまだ全然養われていないため、ゲーリーヤマモトのカットテールワーム(4インチ)のノーシンカーワッキーリグをずーっと使い続けています。

どこかの情報誌で「初心者バサーは同じリグを使い続ることが上達への近道」とか書いてましたので、鵜呑みにしております、はい。

 

ノーシンカーリグのフックセット(オフセット)

フックセットについては、下記の動画がとてもよく分かります。グラブのフックセット動画ですが、ノーシンカーリグ全般でイメージができます。

綺麗にオフセットフックをつけるコツを丁寧に教えてくれるので、とっても分かりやすいです。

 

Let’s try ノーシンカーリグ!

文章で書けばこれだけ。「ノーシンカーリグはフォーリングが基本でバイトを待つだけやし簡単やろ?」と言う方もおりますが、実はもっともフィネスな釣りかたがノーシンカーリグだと思っています。

自分の狙ったポイントへのキャストから、フォール中のラインの制御、ウエイトが軽いがゆえに要求される繊細なアクション、そしてバイトからアタリの取りかたとフッキング精度と、奥が深いのがノーシンカーリグです。

管理人エヌは、このノーシンカーリグこそ上級者になるための近道と考えて日々バスつりに勤しんでおりますが、なかなかスキルアップの実感がありません。(釣れないからね)

初心者アングラーの皆様も、是非このノーシンカーリグをマスターして釣果に繋げていただければ幸いです。