バス釣り用のルアーの色ってどういう基準で選んでるの???

バス釣り用のルアーの色ってどういう基準で選んでるの???
管理人エヌ
管理人エヌ
ところで、ルアーのカラーって皆どうやって選んでるのかな?
陽気なK
陽気なK
僕は『かっこよさ』だね。赤い色が好きだから赤。それだけさ。
管理人エヌ
管理人エヌ
Kは赤が好きなんだね。僕も緑っぽい色のほうが釣れるかな~と思ってるだけで(笑)あとは人気のカラー?を選んじゃうかなぁ。
陽気なK
陽気なK
それでいいんだよ。バスにだって好みの色ぐらいある。あんまり気にしすぎても、結局『釣れなかった時の理由』を用意してしまうだけさ。
管理人エヌ
管理人エヌ
オォ!!やっぱりKは良いこと言うなぁ~。

例えばクランクベイトは一年を通してバスを釣るのに効果的なルアーのひとつですが、世界中には何万と種類があるだろうクランクベイトの中から、正しいルアーカラーを選ぶにはどうすればいいですか?

あなたが好きなお店のタックル部門に入ると、多種多様なルアーディスプレイが立ち並び、数百種類の色や模様があなたを魅了します。

そのクランクベイトの中からルアーを選ぶ時にはどのように選ぶでしょうか?釣りに行くフィールド?定番のカラー??それとも自分の好きな色???

「自分の好きな色だけでいい」と思い実践しているアングラーはそれも事実ですので、この先の記事を読む必要もないでしょう。

それでも、例えばあなたがその中からルアーカラーを選択する時に「この色は無いかな」といった消去法を用いてルアーカラーを決めているならば、ルアーの色を排除していくプロセスを簡素化するためにベースルアーの色選択には簡単にする式があるのです。

 

Advertisement

ルアーの色の選択

ルアーの色の選択、それはフィールドの条件、これまでの釣果の自信に基づいた選択となることが多いでしょう。

ですが、数え切れない数百種類のルアーの中から色を選ぶ事は、誰もができるだけシンプルに選択することが最善の方法であり、金銭面にとっても、実際の釣行にとっても効率的です。

あなたがルアーの色を選択する際、まずはもっとも定番の選択を考えます。

 

ルアー共通の定番の色

主に使用される色は、茶・オレンジ・赤の組み合わせ、ブルーギルを模倣するイエロー・グリーン・ブルーの組み合わせです。

また、ベイトカラーとして、クロム・ブラック、クロム・ブルー、様々なパール・ホワイトを含む、バスがそのフィールドで食べているであろう自然なベイトフィッシュカラーを意識します。

これらの定番の色や組み合わせは、これまでの長年のアングラーによる経験が導き出した答えでもあり、実際の釣行成績に基づいたルアー開発がされたものであります。

まずは特に大きな理由がない限りは、先にあげた「定番」を選択しに加えることから始めましょう。

 

 

水の色と透明度の理解

より深く色を掘り下げる前に、適切な餌を選ぶことができるように水の透明度を理解しておく必要があります。

濃度が高く暗い色も、反対に透明感があって明るい色も、水の中ではすぐにその色が失われていきます。

この色の「吸収」と呼ばれる水の中における色変化作用は、短波長(青のスペクトル)よりも長い波長(赤のスペクトル)のほうが大きく、私たちが陸で見ている色は、水の中ではその深さ、または距離の増加に伴って急速に変化していきます。この色の「吸収」は、時間帯によっての太陽などの光の強さによっても変化していきます。

 

水中の距離による色の変化への理解

※上の図は水中での色の変化を表した図です。

よく「レッド系ワームルアーカラーは目立ちやすく視認性がよい」などと書かれている事が多いですが、それはどういった場合に有効とされるのでしょうか。一概に、赤いからといってどんな場所でも広く視認性があるとは言い切れません。

水深の浅いフィールドと水深の深いフィールドではルアーの色の選択肢が異なってきます。

長い波長(赤のスペクトル)は水中での色変化は大きく、20メートル以上先での「赤」という視認性はほとんど確認できません。

それは水深という垂直の距離でもそうですが、水の中から20メートル先を側面から見た場合も同様に、その色の視認性は確認できなくなります。赤の次にはオレンジ、そして、黄色。続けて緑、紫。短い波長(青のスペクトル)は、最も深く遠いところまで認識できます。

また、水深の深い場所や濁っている水中では、透明度や光の強さなどの関係で実際に視力や色彩感覚は十分に発揮することができないものと考えられ、 「視覚」よりもむしろ「聴覚」や「嗅覚」での情報収集を行っていることがわかっております。

 

光の吸収の関係

上記でも述べておりますが、水は可視光付近では波長の長い光ほど吸収しやすい特徴があります。

例えば、海の色の話をしますと、波長の短い青色や紫色の光は吸収されにくいので海中で反射を繰り返します。

つまり、水深が深くなればなるほど赤い光は水に吸収されてなくなり、青い光が多くなるのです。そして海中には赤い光が極端に少なく、海中から反射された光には青色が多く含まれているのです。これが海が青く見える理由です。

 

 

水の透明度でのルアー色の選択

バス釣りでは、ルアーカラーの選択においては水の透明度での選択が最も重要とされています。

透明度の高い水の場合

明るく水の透明度が高い場合には、バスが食べているブルーギル、カエル、ザリガニなどのベイトに似ているナチュラルカラーの反応が良いとされています。

ワームの場合、グリーンやブラウンなどのナチュラルなカラーを選択しましょう。

透明度の低い濁った水の場合

濁った水には鮮やかな色のルアーを付けて視認性を高めたり、逆に非常に暗い色を使ってルアー視認性を最大限にするよう意識します。その場合のワームはブラックとブルーが理想的です。 ホワイトやチャートの蛍光ブレードも良いでしょう。

ハードルアーの場合、明るいチャート、グリーン、または濃いダーク系のルアーを選択するようにしましょう。

 

 

水温によるルアーカラーの選択

水温が上がるにつれてバスはより活発になり、シャッド、ブルーギルなどのベイトフィッシュの追跡を始めます。

そのため、チャートやブルーバックのルアー色がうまく機能し始めます。水温が上昇し続けるにつれて、徐々に軽い色、自然に着色したルアーに切り替える時がやってきます。

クランクベイトであれば、クロム・ブラック、クロム・ブルー、パール・グリーンなど、対照的な暗い色のルアーを使用すること意識しましょう。

逆に、冷たい水ではバスの動きが鈍りますので、水温の高い時期よりも水温の低い時期は色の選択が重要となります。

先に述べた、水の透明度でや水中での距離によってどう色が変化するかを見極め、視認性のあるバスの本能を刺激するような効果的なカラー選択をしましょう。

 

 

ルアーの色を選択する方程式

ルアーの色の選択をするための鍵は、光での色の変化も非常に重要ですが、水の透明度での選択が主な鍵となります。

バスは視力、振動、音、または匂いに基づいてルアーを追う習性を持っております。

上記で述べたように、季節(水温)によってバスの活性が変わり、冬で水質がクリアな時は暗めの色のルアーを使用し、水温が温まるにつれて明るい色の餌にシフトしていくという、これまでのアングラーによる歴史的背景や経験則に基づいています。

ルアーの色、その選択は例えば「冬の初めの数ヶ月は暗い色を使用する」、理由は「冬は水質が比較的クリアだから」となります。

つまり、濁った水では透明な明るいルアーを使用し、明るい水には色のある暗めのルアーを使用する。

このシンプルな決まり事を覚えておき実践していく事で、それらによって得られた経験が自身のスキルセットにさらに高度なテクニックを追加していくこともできるでしょう。

 

1). 濁った水では透明な明るいルアー
2). 明るい水にはナチュラルな暗めのルアー

 

さあ、”まとめ” で全て台無しにしようじゃないか!

色々と小難しい事を説明してきましたが、正直カラーの選択の定義のようなものは、上記にあげたシンプルな回答「濁った水では透明な明るいルアー、明るい水にはナチュラルな暗めのルアー」を使うという事くらいです。

そして、初心者の私から、ルアーカラーだけに限らずにルアー選択で《一番大事なこと》をお伝えしますので、心のどっかに引っ掛けておいてくださいね。

それでは、

 

好きなルアーでいいんです。

一般論は様々ありますが、自分の好きなルアー、好きな色でいいんじゃないかな。自分に素直に。自分が信頼する、大好きなルアーをおもいっきり、季節に関係なくぶっぱなして、そのルアーを信頼してください。

自分に素直に。自分が信頼するルアーをおもいっきり、季節に関係なくぶっぱなして、そのルアーを信頼してください。(大切な事なので(ry

 

 

冷たいM
冷たいM
(良記事の予感がする・・・!)
陽気なK
陽気なK
なるほどね~、思っていたよりも複雑だけど、考え方は簡単かもしれないね。だって結局『濁った水では透明な明るいルアー、明るい水にはナチュラル系の暗めのルアー』を選べばOK。シンプルであってイージーだよ。
管理人エヌ
管理人エヌ
うん。あとは単純にベイトフィッシュをイメージすることも大事だね。僕みたいな初心者は、ルアーカラー選択も試行錯誤で経験を積み重ねていくことが先決かもね。