ダウンショットリグを覚えてワシは最初の一匹を釣る!!

ダウンショットリグを覚えてワシは最初の一匹を釣る!!
Advertisement

ダウンショットリグとは?

バスフィッシングを行う際には様々なリグがありますが、その一つにダウンショットリグというものがあります。

一般に、このダウンショットリグやノーシンカーリグは「ライトリグ」と呼ばれる一種です。ダウンショットリグはノーシンカーリグほどの汎用性はありませんが、ボトムをしっかり感知したり、フィールドのチェックや手返しのよさなど、様々なリグの中でもダウンショットリグに軍配があがる理由が多く存在しているため、日本のみならず海外でも人気の高いリグのひとつです。

様々な場面で活躍するダウンショットリグ、まずはその特徴を見て行きましょう。

 

ダウンショットリグの特徴

ダウンショットリグとは、フックの下にリーダーを引き、その先に重りをつけたものです。

たいていの場合にはフックはリーダーの先端につけますが、ダウンショットリグの場合にはリーダーの先端よりも手前にフックを付けて、フックから先にリーダーが数センチから数十センチ出るようにしたものがダウンショットリグの特徴です。

フック手前に重りを付けるのはスプリットショットリグですが、それとは反対に重りを付けるので針のつけ方も違ってきます。

フックは基本的にはマス針、またはオフセットフックなどを利用しますが、結んだときに針先が上を向くようにしなければいけません。

もし、フックセットをした際に針先が上を向いていなければ正しく結べていない=釣果に現れてくるので、ダウンショットリグを使用する場合は各ノットはマスターしておきたいところです。

 

 

ダウンショットリグの最大のメリット

ダウンショットリグではそれを使用するいくつかのメリットがあります。

ボトムの感知がしやすい

まずダウンショットリグ最大のメリットはボトムを感知しやすいという事です。

ダウンショットリグはシンカーが底を這うように動くため、底の変化を感じ取りやすくなります。初めて行く場所などではどのような形になっているかわからないことも多いので、手始めに使うリグとしては最適なリグでもあります。

またノーシンカーリグ同様に、色々なワームを利用できるので、どのようなワームに反応があるかフィールドのチェック面でも把握しやすいのがダウンショットリグのメリットでもあります。

 

飛距離がでる・手返しが良くなる

バス釣り全般に言えることですが、その日の水温や季節などによって、バスが良く捕食しているものは違ってきます。そのため、興味がもたれないワームを使っていても意味がなく、常に種類を変えて反応を見ることが大事となるのは周知の事実です。

これは、ワームの種類を限定するリグの場合には、わざわざセットしなおさなければいけないこともあり大変です。

しかし、ワームの汎用性の高いダウンショットリグであれば、その仕掛けを変えることなくワームを変更すればいいので手返しがよくなることもメリットのひとつと言えます。

また、ノーシンカーとは違いシンカーをしますので、ある程度の飛距離も出しやすくなります。

 

合わせて読みたいノーシンカーリグ結局ノーシンカーリグが最強ってことで合ってる?

 

ダウンショットリグのアクション

そのようなダウンショットリグのアクションですが、基本的には何もないところではズル引きでOKです。カバーが濃いところなどでは、その場に留めてシェイクしたりしてバスのバイトを誘っていくこともできます。

底から一定層でのアピールが可能

ダウンショットリグはシンカーよりも上にフックがあり、ズル引きしていてもワームが水底よりも高い位置を動くため、視認性が良くアピール力が強いです。

また、シンカーからフックまでのリーダーの長さによる一定の層でアクションし続けることができるのも特徴です。これにより底の地形変化を把握しながら、アピールすることができます。ストラクチャー周りでシェイクすることで、よりバスにアピールすることができ良い反応が期待できます。

青木大介プロが解説する、ダウンショットリグのルアーアクション編がありましたので貼っておきます。

 

基本的なダウンショットリグのアクションはこれですが、その他にも上下させながらスイミングさせたりリフト&フォールしたりするなど様々なアクションで活用することが可能です。

フィールドによってどのような方法が最適かわからない場合でも、一通りのアクションを行うことで反応を見るのも選択肢の一つです。

 

ダウンショットリグのタックル選択

ダウンショットリグのタックルは、比較的軽めの重りを使うのでそれを投げることができる物が必要になります。そのためスピニングタックル、またはベイトフィネスタックルを利用することになります。

シンカー

ダウンショットリグに使用するシンカーですが、専用のシンカーはコストもそれなりに高いため、ガン玉などを使用しての簡易的な作成でもいいでしょう。

ただ、一概にこのシンカーじゃないとダメというのは無いのですが、シンカーの大きさや形種によっては「根がかり」が置きやすく、またウエイトによってはボトムがとりにくくなったりする場合もあるので注意が必要です。

シンカーの形種は、細長いシンカーや軽いシンカーのほうが根がかりがしにくくはなりますが、あまり軽いと今度はボトムがとりにくくなるので、自分のスキルに合った調整が必要です。

この「ボトムを取る」という感覚こそ、ダウンショットを使う理由にもなり得る大切なメリットですので、ダウンショットリグのシンカー選びも、このメリットを活かす目線で選択するのがいいでしょう。

ロッドとライン

ろっどロッドは軽いものでも投げやすいライトアクション~ミディアムライトあたりまでのロッドを利用しましょう。

また、ラインが障害物にこすれやすいため、PEラインを使うよりはナイロンラインを使う方が安心でもあります。PEを使いたい場合にはリーダーを長く取って、PEが障害物にこすれにくいようにするなどの工夫をしたほうがいいでしょう。

狙うバスの大きさや重りの重さなどによってよりヘビーなものに変えることも選択肢の一つです。場所や獲物によってタックルは使い分ける必要があるので、臨機応変に対応できるようにしておきましょう。

 

Let’s try ダウンショットリグ!

以上、ダウンショットリグについての解説でしたが、いかがでしたでしょうか?

少しだけ他のリグに比べて作るのが難しそうな印象を持ちますが、思っているよりもダウンショットリグは釣れますので、リグの作り方とノットは慣れるべきでしょう。

他のリグでは釣れない時、またスレたフィールドなどでは特にその効果を実感できるダウンショットリグ。初心者のバサーにとって、まずは最初に一匹を釣るリグとしては最適なリグとなるでしょう。